前へ
次へ

一人一人に合った教育が必要ではないか

学校教育と言えば、集団で授業を受けます。
これでは、自分のペースが乱れてしまいますので、ペースが速くても良い子供は良いですが、ゆっくりでないと付いていけない子供には大変です。
学校とは別に塾に通って、そこで自分のペースで理解することも必要かもしれません。
最近の子供は塾や習い事をすることが多いです。
忙しすぎて付いて行くことが難しくならないようにケアをすることも時には必要でしょう。
子供にとって本当に必要な塾や習い事を絞り込んでいく作業も必要かもしれません。
子供に合っているものだけを受け続けるようにすると良いです。
一人一人、誰もが同じことができるわけではありません。
人には向き不向きがあるので、子供に向いている勉強法や習い事を考えてそれを与えるようにしましょう。
なかなか親が見抜くことは難しいでしょうから、子供とのコミュニケーションが欠かせません。
一体、何がやりたくて何を伸ばすべきかを一緒になって考えてどういう教育が必要かを改めて考えましょう。

Page Top