前へ
次へ

教育は優しさと厳しさのバランスを保とう

教育というのは簡単なようでいて本当に難しいです。
子供を始めとした教えられる側の未来を決定付けていくようなものですから、きちんとした誠実な対応を心がける事が重要になります。
優しくしすぎてもよくありませんし、だからと言って必要以上に厳しくしすぎてついてこれなくなったり反発したりするというのも本末転倒です。
優しさと厳しさのバランスが取れているかどうかを見極める事が大切になりますが、それを自分自身で確認していくのもまた困難な事ではないでしょうか。
教えてもらう側は教えてもらっているという事から中々意見を言えないこともありますし、教える側としても様子を見ていてもあまり反応がなければ、どこを改善していいのか分からず、これまでと同じように教え続けていくということも出てきます。
書籍を参考にしたり、機会があれば他の現場にお邪魔したりするなどして、これも試行錯誤しながら自分たちで学びやすい環境を作っていくのが理想です。

Page Top